#268

この半年でゼノブレイドクロスを狂ったようにやったり、友人と今後の事を考えたり、後にWii Uを手放して最近再びスプラトゥーンの為にわざわざ買い戻して再び手放したり、ハガレン1期やデジモン無印のBDが発売されて懐かしさが込み上げたり、DACやヘッドホンや一眼を新調したりiPad Airの画面の広さに驚愕したりと、たった半年だけでも色々あったものの、個人的には大きな買い物をしてしまったのが印象に残っている。

イカは中々楽しかった。

どうぶつの森 ハッピーデザイナー(以下ハピ森)は7月30日頃に発売したばかりで「結局番外編的なヤツでしょ、買うわけないですよ」と思った時点で(あっこれ買ってしまうのでは)と多少は感じていた。
ちょくちょくと心の奥底で(とび森のデータが消えたのでいい機会だ)とかいう買う為の自己弁護を思い始めていたので、もはやこれまでだった。
操作性が改善されているので、これをベースに次の作品が出て欲しいと感じた。ハピ森だとNew3DSのCスティックが機能してないのが残念なくらい。
模様替え好きには最高なゲームと思える。
 

(最近)↓

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーNikon1 J5Wii U + Splatoon
IMG_3764IMG_0905IMG_0799
imageIMG_0829IMG_0826
IMG_08252015-03-28 14.31.562015-03-26 18.41.59 ←(半年前位)

この半年でMacを27インチに変えれたのは大きい。画面だけに。
当初は「これは大きいな」と思ったiMac 5 K Retina 27インチだったが

iMac 5K Retina

iMac 5K Retina

その日の終わり頃には「あ、前の21.5とそこまで変わらないのでは」
と思うくらいには馴染んできた。
ただ、設置当初は「このiMac 5K Retina、文字は綺麗…..なのかな? あまり以前のと変わらなくない?」と思っていたものの
このiMac 5Kを凝視した後にMacbook Air 2011を確認したところ、違いがスゴく分かりやすかった。
PCとの視線距離は1mほどあるので、あまり文字の綺麗さを感じなかったのだと思う。凝視すると「さすがRetina」とハッキリとわかる。

それでも画面が大きいのはやはり非常に便利なものがあった。
余っているモニターで更にデュアルモニターを右配置で試したものの、何度試しても左右のデュアルモニターは首が痛くて合わなかった。懲りずに試す辺り、何かしらの未練がタラタラなのだと思う。

 そこで手元にあったCintiq 13 HDがあった事を思い出して引き出しから引っ張り出す。上下配置でデュアルモニターを再度試したところ、見事に違和感なし。
やはり首を動かさずに目線の上下だけで済ませられるこの配置でないと。
しかし液タブ買った瞬間にPixivがROM専になったのは何かおかしいと感じてる。
SNSや写真の履歴を見ると、きっとゲームとSNSの影響は強かったのだろう。

性格的には「並行作業は出来ず、ひとつの事に集中してやるタイプ」だとつくづく分かっているので、SNSとRSSは時に便利で、時に非常に厄介に感じる時がここ半年でつくづく感じた。

しかし便利なのは明らかなので
「完全に絶たずにひとつに絞り、必要最低限にする」
という手段を用いる事にした。

まず真っ先にiPad類のLINE Skype Twitterを削除し、これらをiPhoneだけで使う事にする。
LINEの通知オフはもちろんの事、SkypeとTwitterは通知音だけを切り、通知センターだけに残るようにする。

思い返すと正直ついTLを眺めてしまうTwitterよりも困ったものが「RSS」もとい「Reeder」だった。
起動時間追跡アプリで確認すると、PCを起動している間に触っているアプリ1位であり、尚且つ触っている時間が半分以上である。メインブラウザのSafariより触ってる。ありえないですね。
何年も使っている分、定期購読しているサイトは異常にあるのでやはり時間つぶしにはもってこいのアプリ。

OPMLのバックアップを取り、やはりこれもPC上からアンインストールをする。
このアプリはiPadとiPhoneだけで十分である。

 

 

という状態を作って数日後、思い返してみるとPCに触る時間は幾分減ったと確信できる。

 

しかし「PCに触る時間を減らす」のが目的ではなく

今回は「TwitterやLINE、Reederで適当に時間を潰す」

 

という問題をどうにかしたかっただけなので、とりあえず今回はこれでよかったと思う。
だらだらするのは、よろしくない。

 

 

#267

DSC_0031

板タブ5のSに違和感を感じ始めたので液タブを導入。
違和感というのは「俺の手はここにあるのに、どうして俺は遠いモニター上で描いてるんだろう」という微妙な違和感。
例えるなら、マジックハンドにペンをもたせて書かせるような感じ。
……ちょっと違うか。

ヨドバシに3回程出向いて結構弄くり回した結果、使いやすかったものは
「13=24t=24>22t>22」だった。
24はそもそも重すぎ(およそ30kg)な上に高価で置く場所もないので除外。
22も最初触っているうちは悪くなかったものの、視差を気にして再び触ると違和感が徐々に芽生え始めた。
では13は? というと感じた事は24とほぼ一緒(画面の大きさ以外)
デフォルトペン先でもサラサラ描けて視差ほぼなし。
 

 

 

DSC_0046

大きい。
よく考えたら13HDだから Macbook Airよりちょっと大きい感じなんよね。
そりゃあ大きいです。

スタンドは一番高い状態で運用中。
板タブモードもある為、画面切り替えもすぐ出来るのは非常に便利。
個人的には資料をiMac側に表示させたまま描いたりできる

アナログ感で掛けて”良さ”を感じた。 

 

 

 

#266

Mavericks 軽い
 ↓
Yosemite 軽い

気持ち同じくらい、もしくはほんのすこし軽く感じた。
βの時は重いというより本体が熱くなりっぱなしだった。(2011 MBA)
アップデートして悪くはない感じ。 それでも自分の使用しているソフトとは相性の確認をしておくべき。
ペンタブ動かない報告があったから躊躇はしていたものの、確認したらちゃんとドライバもあり
動作も問題なかった模様。どうやら一部のみ問題あったらしい 

そろそろネットサーフィンやオンラインゲームなどでも明確に
「遅い!」
と感じるレベルまで下がってきたので、光回線を導入。
開通までは1ヶ月弱。正直開通は年末辺りと思っていたのでかなり前倒しに。
工事も他のサイト等で確認してた通り
「外からケーブル引いて固定してONU繋いで終わり」
あっけなかった。

ルーターもこの日の為に新調していたので、いざ接続。 

くっそ速いの。何これ。
どうして今まで光回線というものを教えてくれなかったの? 


とSkypeに書き込んだら
「前々から言ってたじゃないですか!」
と返事がきた。おっしゃる通りです。
ここまで頑なに回線乗り換えなかったもの、回線の開通は面倒というイメージが愛知で定着してしまったせい。
こんな事なら「さっさと開通しておけばよかった」
と思えるくらいの速度向上。
速度的にはADSLと比べて22倍程上がってました。
電話でネット切断される事も無くなった。


FTTH
サービスは、1999年の ADSL サービス開始に遅れること2
2001 2 月に有線ブロードネットワークス(現在の USEN)により
月額
6,100 円で FTTH サービス が開始したのが最初である。
 

こんな事なら10年前にさっさと開通しておけばよかっ……
というより2001年から光回線があった事に驚愕。てっきり2007〜2008くらいに普及しだしたものと思ってました。

ネットサーフィンもゲームも配信もアップロード作業もYoutube HD視聴もストレス皆無だったのは正直凄いと感じた。

回線の速さの恩意は元より、階下から長々と引いていたケーブルが無くなったのが大きかった。
(※ 20m)
 家が、キレイになった。