#271

『MGS V: TPP』発売数時間でSteamレビュー欄が“A Hideo Kojima Game”であふれる事態に、開花したメタルギアの遺伝子:

本日、満を持して海外で発売日を迎えたメタルギアサーガ空白の1ページを綴る最新章『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』。国内では9月2日の正式リリースを予定しているが、SteamではすでにPC向けに解禁されており、多くのメタルギアファンが待ちに待ったゲーム体験を開始している。その反響は発売からわずか数時間で500件近いレビューが投稿されるほど顕著。レビュー一覧が“A Hideo Kojima Game”のフレーズで埋め尽くされるというアンビリバボーな現象が巻き起こっている。まさに、世界に根付いたメタルギアの遺伝子が一斉に開花した瞬間といえるだろう。

A Hideo Kojima Game

“Hideo Kojima Game”というフレーズは、小島プロダクションが手がけるメタルギアシリーズ作品にこれまで表記されてきた伝統だ。しかし、今年3月、コナミデジタルエンタテインメントにより発表された小島秀夫氏の役員解任と小島プロダクションの解体、そして将来のメタルギアフランチャイズに関する方針転換により事態は一変。それまで『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』のボックスアートに刻まれていた“Hideo Kojima Game”の表記は突如姿を消した。

メタルギアシリーズと小島監督をこよなく愛するファンが世界中で悲しみに暮れる中、一部の熱い信奉者たちはこれに反旗を翻す。オーストラリア最大手のエンターテインメント小売業者JB Hi-Fiのとある店舗は、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』用の陳列棚に“A HIDEO KOJIMA GAME”と表記した自作バナーを設置。自分たちが販売するゲームは小島秀夫の作品であることを主張し続けた。また、表記が削除されたことを深く遺憾に思った『Goat Simulator』のゲームデザイナーは、ダウンロードコンテンツ「GoatZ」のクレジットになぜか小島監督の名前を加えるという奇行にて同氏への愛を示している。はたまた、海外メディアEurogamerにいたっては、「gamescom 2015」の会場パネルに無断で“A HIDEO KOJIMA GAME”の張り紙を残して立ち去るという暴挙に出ている。

 

Metal gear solid v the phantom pain reviews filled with a hideo kojima game 002

 

 

 

 

DSC_0525

かいました。
値段も通常盤と1,000円程しか変わらなかったので今回も初回版。

公式限定のバイオニックアームはちょっと欲しかった。ちょっとだけ。
 

 

有料体験版という名の序章「GROUND ZEROES」では
操作方法が変わりすぎてやるきでないなどと言っていた記憶がある。
9/2に発売した本編となる「THE PHANTOM PAIN」ではなんやかんやで息をするように操作に慣れてしまった。
結局ゲームのやる気の問題だった。

 

ダッシュでカメラ揺れるのは臨場感出て良いなと思ったが、結構酔うのでカメラ設定でオフ。ダッシュはまさかのスタミナ無制限のままで、慣れてくるとやりたい放題のCQC無双ができる感じ。iOS連携のコンパニオンアプリはメンテで未だ試してないものの、GZの時はそれなりに便利だった。
しかしよくよく考えると、GTA同様にミニマップがあればアプリいらなかったのでは。
カーナビモード は乗馬している時と、砂嵐の時くらいしか使っていない。

 

色々やっていくとオープンワールドゲームはやはり面白いと感じる。
ただ、K◯NAMIが小島プロダクション、もといコンシューマーゲーを完全に切り捨ててソシャゲにシフトして行く方向になったので
これまたどこぞのゼ◯ギアスのようにMGSもK◯NAMIが利権抱えて埋もれる流れ

  

 

#270


スクリーンショット 2015-08-22 12.31.30
これらと、ホームセンターで買った板を↓

DSC_0383 

こうする。

L字デスクのL字部分(連結部分)にもキーボードスライダーを設置。
今回も設置するのに大体2000円弱。

DSC_0385

高さを変えているので両方とも出しっぱなし可能。
そんな事をする機会はきっとない。 

木の断面部分は手触りが酷かったので橙色の布テープで対処。
以前のより薄い板故に強度や耐荷重はあまりないものの、意図的に体重をかけなければこれも問題なし。
板の大きさは以前の倍なので結構な量の物が置ける。
肘掛けに肘を掛けたままキーボード、コントローラー類に手を伸ばせて行動に移れるのは非常に楽。
机上が散らかなくなったのが大きい。
いや、空いた分、結局他のモノを置くので結果的にはまた散らかる。

そもそもヘッドレスト購入した辺りで
「ヘッドレストを使わないと損している気がする。よし、ならキーボードスライダーを設置しよう」
と思ったのが事の始まり。
その時は結果的に
1.「モニターの下にキーボード(体勢は、前屈み)」
2.「デスクの下にキーボードスライダー(体勢は、背もたれに背を、頭はヘッドレストに預けている状態)」 

(自作)キーボードスライダー設置
(参考画像 去年の8月頃)

の2通りで運用し、疲れたり気が向いた時に体勢を切り替えて長時間PCが出来るようにして当時は満足した。当時は。

 

 

 

そして後にCintiq 13 HDを購入して設置すると

DSC_0046
(液タブ購入当時の画像)

液タブも何も考えずに置いてスタンドを立てて用いると、奥のキーボードが使えない(使いづらい)

液タブのスタンドを折りたたむか、昔設置したキーボードスライダーからの、手前のキーボードを使うかしかなかった。
もしくは液タブ上部にキーボードをくっ付けるとか。
しかしそれでも従来のポジションで使いたいという気持ちは拭えず。

正直デスクに平置きで液タブ描くのはキツい。頭真下で首の負担すごい。
そこで付属のスタンドを試す。

・スタンド(低い状態)だと丁度いい
・スタンド(中ぐらいの高さ)でも丁度いい
・スタンド(最大の高さ)だと手首にちょっと違和感、でも描ける

全体的に悪くないものの、スタンド自体が簡易的なモノなので、液タブに腕を乗せて描いたりは出来ない。

 

これらを考えると「もう腕をCintiq 22 HDに預けれるしCintiq 22 HDのがよかったのでは」とか思っちゃったりする。
そう考えて昔触りに行ったけど結局13と24以外は合わなかったから、やはり13HDしかなかった。

なら22HD風に改造すればいいのでは。
そう思った結果が

DSC_0384

こうなった。

さすがホームセンターだぜ、ファルカタも画板も布テープもなんでもある。

これなら腕やら上半身の体重を机に預けたまま描けるので楽に描きやすい。
液タブと5K共に画面と目の視差も近くなるのでRetinaの良さも再度感じれるようになった。

おかげでデスクには私物を置くスペースがもはや皆無に等しいものの、L字型の領域で補えるので大丈夫だと思える。
もうちょっと広ければコの字にもしたかった。

#269

DSC_0125

 

 

広角レンズをハメた。

ただ小さいだけで頻繁に持ち歩いて使うようになった。
ミラーレス一眼のパワーはすごい。  

 

 

 

B00VJL22R8

B005OD1CDM